ゴウセル ナージャ。 七つの大罪のゴウセルの過去と罪とは?ナージャとの関係を紹介

漫画『七つの大罪』裏舞台で描かれる愛と絆の深さに泣ける!※ネタバレ含む

内容は、ネタバレ考察の方で確認してください!!! 辛い記憶の中にも、大切な思い出はあったはずだよ。 しかし、実は直接的な十戒ではなく、十戒の中の「一部」である事がのちに判明します。 そのため驚きましたね。 七つの大罪に登場する 「ゴウセル」は、華奢で中性的な雰囲気が漂う美少年で読者から人気があります。 感情を失っているように見えて、彼は心を持っている事も判明しています。 そして、ディアンヌや仲間たちのおかげで、 自分自身に 「記憶・心」 があることを 思い出したゴウセルも、 本来の魔力 を取り戻しました!! その愛情を学習するために、ギーラを助けるふりをして記憶を操作していたのです。 これからゴウセルは大活躍が期待されているので、人の心を取り戻せるかどうか注目していきたいですね。

Next

ゴウセルの正体が衝撃的!ギーラとの関係まとめメリオダスの正体が衝撃的!エリザベスとの関係や声優まとめ

意味のわからないことをゴウセルが話し出した、と。 その瞬間、は体が弱いため、その場に倒れてしまいました。 その時、記憶とかも消してしまったのかな? とにかく、今のゴウセルの身体には、 魔法の心臓は入っていない…であってるはず…! だから、かなり感情が不安定なのだろう…。 謎めいたゴウセルの発言、伏線をネタバレ徹底考察 彼の過去や正体などが明かされるなか、無欲のゴウセルが終結させようとした、3千年前の聖戦に関しては、どうやって終結したのかなど明かされていません。 数十年前、リオネス王国の王女だったナージャは病に冒され、余命いくばくもない状況でした。

Next

【七つの大罪】鎧の中身は美青年!?感情を切望する「色欲の罪」ゴウセルとは?

はが人形だったことも知っており、本物のの事も知っていました。 しかしキングがディアンヌの元へ戻るころにはディアンヌはゴウセルに記憶を消されてしまう。 無欲のゴウセルが、聖戦を終わらせるのが目的でしたが、メリオダスも聖戦に参戦していたのに、それを知らないということにも疑問があります。 「たとえ私が死んでも いつかこの呪いを解くと約束して」 「たとえお前が死んでも オレはお前との約束を果たす」 スポンサーリンク 番外編:失恋勢 ジェリコ 最初はバステ監獄にて敵同士であった二人。 ゴウセルはかつて親である本物ゴウセルを亡くして目の前を去ったことから大切な人を失うのが怖くなっていました。 「無欲」は、欲を抱く全ての者の記憶や感情を奪うため、ゴウセルは牢に幽閉されます。 大停電の矢(ブラックアウト・アロー) 特定の人物だけを狙って停止させる。

Next

【ネタバレ注意】七つの大罪、外伝「語られる色欲の罪」の巻

しかし、「ゴウセルの前で欲望を抱くと感情を失くしてしまう」という危険性から、500年も牢に幽閉されていたのです。 とりあえず次回は「英雄たちの休息」ということで、ひと段落という感じですね! 次回もきたいです! ps. ただこの心がなくなったことにはゴウセルの罪と一人の女性との出会いが関係ありました。 女の子に見間違えられる事もありますが、言動は男性そのものなのでギャップがあるキャラクターです。 その後・・・、どうゆう経緯で息絶えたのかは、 まだ分かりませんが、彼の命が消える寸前に、 人形ゴウセルに、ある贈り物を渡しました。 彼女は簡単に人を傷つけるような子ではありません。 ・人形ゴウセルは、心を持っていた! ゴウセル本体から、もらった 「魔法の心臓」…。 王国の兵士がの部屋に入ると、そこには心臓を抉られたと、に馬乗りになっているがいました。

Next

七つの大罪でゴウセルの正体は十戒で人形?本体がついに登場!

以上の事から、「色欲の大罪」になった経緯になります。 ただしかしバンには既にエレインという存在がいるためジェリコには付け入る隙がありません。 ギーラとの関係は?• もし万が一思いだしてしまった場合は三日以内に死んでしまう。 ところが素性は一切明らかにされていませんでしたが、物語が進むにつれて明らかになったので以下からネタバレしていきます。 しかし、そんななか、魔神に屈しない心を持った少年がいました。

Next

【七つの大罪】恋愛要素!成立カップルをまとめてみた

大きな木々や岩が折り重なり合った空間には、聖戦の傷跡が残されており、無欲のゴウセルの亡骸もまた、地下に長い間埋もれていました。 マーリンは アーサーを気にかけて いますが、 まだアーサーが シんだとは思えないので、 今後アーサー関連で活躍を していくことでしょう。 ジェリコは女である劣等感や強さを求めるために魔神化を決断。 」と勢いよくディアンヌがキックを食らわします。 「 お前はメルドルが好きだろう ずっとお前に好きでいて欲しいから」 しかしある日ゴウセルはバルトラから夢でもうすぐ病気でナージャが亡くなってしまうが最後まで幸せそうであったということを聞かされてしまう。

Next

【七つの大罪】218話ネタバレ!ゴウセルがついに心を取り戻す!?

なぜ、このことを マーリン が知っているのか? やはり、…マーリンも約3000年前、 あるいはそれ以前から関わりがあるのかも…。 しかしナージャは彼の代わりに叶えていると言います。 この外見は亡き恋人を模していて、情欲しないために男の体になっています。 現在、分かっているゴウセルの強さ(闘級)は、こんな感じです。 しかし、はこれから先、何百年、何千年経っても俺は作りもののだから人じゃないと言います。

Next

【七つの大罪】鎧の中身は美青年!?感情を切望する「色欲の罪」ゴウセルとは?

人形のキャラクターであるため、トーンが一定の淡々とした口ぶりが特徴です。 それだけでなく必ず名前を「エリザベス」としてメリオダスと出会い必ず恋に落ちてメリオダスの目の前で死ぬという呪いを受けてしまったのである。 心がざわつくゴウセルは再び自身の記憶を消去しようとしますが、ディアンヌに止められてしまいます。 2.【七つの大罪】ゴウセルが経験した悲惨な過去 ゴウセルは、 「恋人のナージャが目の前で死ぬ」という悲惨な過去を経験しています。 グリアモールの姿が元に戻るための条件は愛する者からの接吻であり何も知らないベロニカの接吻により元に戻った。 」 「辛い記憶の中にも大切な思い出は必ずあるはずだよ、思い出してゴウセル」 ゴウセルの頭の中にナージャの記憶が思い出される そしてゴウセルの姿も・・・・ マーリン曰くゴウセルの持っていたハート形の心臓の中には心の魔法など詰められていなかった そもそも心の魔法など存在しないという ゴウセルの心は今も昔もゴウセル自身に存在しているらしいのだ ディアンヌ「そうだよゴウセル、その涙が何よりの証拠だよ」 顔を上げると涙を流しているゴウセル・・・ ゴウセルは心を取り戻すと闘級も急激に上昇した ゴウセル「ありがとうディアンヌ。

Next