ケア プラン 短期 目標 文例。 ターミナル期における看護・介護ケアとプラン作成のポイント

困ったときのQ&A ケアマネジメント全般 短期目標の期間が終了したときの取り扱い|介護・福祉のけあサポ

自力で薬剤の使用・管理ができるようになりたい• 家族の衣服着脱介助の負担を軽減する• 夫婦二人自宅での生活を継続したい• 意欲的な生活を送りたい• 自力で洗身ができるようになりたい• 手の振戦があるが、安心してトイレで排泄したい• カテーテルが留置してあるので、安全に衛生管理をしてもらいたい• 入浴・洗面・更衣・排泄は1人では難しいものの少しの支援で行うことができます。 身体の清潔を保ち、気持ちよく生活ができる 定期的に入浴ができ、身体の清潔を保つことができる 身体の清潔を保ち、気持ちよく生活する 入浴・部分浴ができ、さっぱりできる 身体の清潔を保ち、気持ちよく生活する 安全に入浴できる 身体の清潔を保ち、気持ちよく暮らすことができる 介助を受けて入浴し、環境を整備することで安全に入浴する 身体の清潔を保ち気持ちよく生活する 定期的に体をきれいにする 身体の清潔を保つ 定期的に体を清潔にし、爽快感が持てる 身体の清潔を保つ事が出来る。 安心してベッド上での生活ができ、安全に移乗動作ができるようになりたい• 寝たきりにならないようにしたい• 定期的な訪問診療や訪問看護を受け安心して在宅で生活できる• おそらく居宅サービス計画作成や施設サービス計画作成で最も大変であり、最も重要な部分です。 痛み無く安心して生活したい• 脳梗塞の後遺症で嚥下障害があるが、誤嚥することなく安心して食事をしたい• 自力で食事の準備・片付けができるようになりたい• 車いすでの移動動作能力を向上させたい• 健康に気をつけて、活動的な毎日を送る• 安全に外出できるようになる• 高血圧ため、食事療法・管理を受ける• 安全な階段の昇降ができるようになる• 病状管理や在宅酸素療法が安全に実施できる 骨折 骨粗鬆症• 残存機能を活用し、自力での身体清潔の保持ができるようになる• 体調を安定させ在宅での生活を継続していく事ができる• 歩行が不安定で心配だが買い物・外出が出来るようになる• 起居動作が安定しトイレで排泄できる• 早期に褥瘡と湿疹が治る 高次能機能障害• 介護者の認知症に対する負担を軽減させたい• 自力で髭剃りができるようになりたい• 入浴の機会をもち、衛生保持・ADLの低下防止ができる• 便秘の症状が悪化しないようにする• 健康で安定した生活を継続する• 定期的な訪問診療や訪問看護を受け安心して在宅で生活したい• 血圧が高いので、定期的に受診して医師の診察を受けたい• 食欲不振を防止し食事量を確保する• 出来る限り夫婦での在宅生活を継続させる• 孫の家に遊びに行く• ケアプランの変更は必要ないと思います。 生活の領域を拡大していきたい• 自力で靴の着脱ができるようになる• 医学的な管理を行い、排便コントロールができ、体調管理ができる オムツ・カテーテル・尿器• おいしい食事を食べていつまでも健康でいたい• 食事によって体力をつけることができる• 無理なく座位がとれ、好きな花を見たりすることができる• ストレスやイライラを感じることなく安心して生活する• 車いすに安全に移乗したい• 誤嚥せずに食事後摂れるようになる• 皮膚が清潔で気持ちよく過ごせる• またおしゃれも好きで、いつも髪をきれいにまとめおしゃれな服装をしていました。 回復不可能なことから疾患に対する直接的な治療や延命は行わず、症状や痛みを緩和させるとともに、安らかに死を迎えられるよう環境整備や心のケアなど、さまざまな看護ケアを行いQOLの向上を図るのがターミナルケアの目的です。

Next

文言集2表短期目標

高血圧なので、服薬を確実に行う• 医師の指示に基づく褥瘡の処置を受けたい• 残存機能を活用し、自力で食事摂取ができるようなる• 話しを傾聴し不安の無い生活を送る• 栄養バランスの良い食事を摂って病状の悪化を予防する• 定期的に血流促進されるようなマッサージを受けたい• 4、ケアプランの作成 ターミナルケアのプランを作成する際、患者の状態に応じた臨機応変さが重要となってきます。 朝の時間帯は症状が重いので、必要な支援を受けたい• 段差につまずくことなく安全に移動したい• 医学管理を受け、安心して自宅での生活が続けられる様にしたい• 本来なら医療が担う部分を介護で行わければいけない現状があります。 きれいな身体でいつも気持ち良く過ごせる• 家族のおむつ交換の負担を軽減する• 自宅での生活を継続する事ができる• 移動時にも安全に動作を行いたい• 適切な医療処置を受け健康的な生活を維持していく• 体調の良い時は外出できるようになりたい• 誤飲・誤嚥を予防する• 医学的管理を受けて病状の進行を遅らせたい• 咀嚼機能の維持向上を図りたい• 介護用品支給により経済的負担が軽減される• 定期的に運動をおこなうことにより、日々の運動不足が解消される 車いす• 電動車いすで買い物することが出来きる 排泄• 寝返り、起き上がりを自分で行いたい• 友人と外出して生きがいを持って生活する 人との交流• 拘縮があるので、痛みと負担無くオムツ交換を行う• あなたをキッカケに、「介護の仕事って楽しいんだよ」「介護ってかっこいいんだよ」と思ってもらえる仲間が増えることを祈っています。 食事を経口摂取したい• 定期的な通院が確保され安心して生活する 吸引• 車いすで移動することができる• 外出し、人と話す事を継続する• そして療養もすんでリハビリも維持期に入ったときには、より生活に視点を向けたケア目標を立てるようにしていきます。 <Cさんのケアのポイント> 本人の気持ちを大切に、本人やご家族の希望を考慮し無理のないプランを作りましょう。 車いすで安全に移動したい• 足腰に負担を掛けずに無理なく生活出来る• 脱衣所と浴室の移動を安全に行いたい• 定期的に受診して医師の診察を受けたい• 失禁の心配なく安心して睡眠がとれる• 車イスでの移動が出来るようになり、介護者の負担を軽くしたい• 整った環境で、介助を受けながら安全に入浴できる• 整容(洗顔)の介助を受けて、身なりを整えたい• 社会交流ができる• 脳梗塞が再発しないように、食事量や塩分などの栄養が管理された食事を摂りたい• 家族の不安を軽減したい• 近所の人と関わりと持つことができる• これからも多くの人たちと関わって楽しく過ごしたい• 交流の場に参加し、会話や活動参加など気分転換できる• ですから、短期目標が達成できなかったときには、このまま計画を進めてしまってもよいのかをじっくりと検討する必要があるといえますね。

Next

ケアプランの軽微な変更について|国分寺市

家族の疾病に関する知識の向上を図る• 安全に入浴してさっぱりとしたい• そのうえワイズマンなんかだと印刷日まで右上に入ってしまう。 自力で爪切りができるようになりたい• 会話が成立しにくいが、支障なくコミュニケーションを取りたい• 状態が急変した時も適切に対応してもらう体制を整備したい• 寝返り、起き上がり、立ち上がり動作を安全に行いたい• あと、現行の制度では毎月の訪問時にもモニタリングをすることになっていますよね。 汗をかきやすいため、体が不衛生になりやすい• ベッドからの起き上がりや立ち上がりが出来るようになる• 毎日十分な水分摂取量を確保したい• オムツを外してトイレで排泄できるようにする• 病気が悪化しないように、適切な栄養状態を保ちたい• 確かに、さまざまな苦痛を軽減することで実質的にQOLを向上させることはできますが、ターミナルケアの本質は、「その人らしい生」のために尽くすということなのではないでしょうか。 関節の痛みが少なくなり、楽に歩けるようになりたい• 食欲不振・嚥下困難に対しては無理に介助せず回数に分けてすこしずつ介助を行う• もくじ• 疼痛を緩和し、苦痛の無い日々を送る• 環境整備をすることで安全に排泄できるようになる• 起居動作、移乗動作が安全にできるようになる• トイレの環境が整備され、安心して排泄できる• 糖尿病があるので、服薬・運動・栄養の管理を行うことができる• 難しい言葉で目標を設定する必要はありません。 関節の痛みを軽減させたい、不安のない生活を送る• 【文例】• 残存機能を活用し、自力で身だしなみを整えることができるようになる• 歩行が不安定で転倒が不安だが、外出ができるようになりたい。 自力で排泄時のズボンの上げ下げができるようになる• 安全に水分摂取ができるようになる• 病気がこれ以上悪くないようにしたい• 中心静脈栄養の処置を安全に受けたい• これではいくらなんでも長すぎますよね。

Next

【悩めるケアマネジャー必見】すぐに役立つ!ケアプラン文例集|介護のお仕事研究所

自力で整容ができるようになる• 他者との交流の場を作ることで精神的にリラックスできるようにする• 家族の座位保持介助の負担を軽減する• 排便コントロールできるようになる• その後、私なりに短期目標の期間や長期目標の期間および内容について( ちょっと現実的ではない)例を挙げて 考えていってみます。 歩行器を使って歩けるようになる• 歩行が不安定なので転倒を予防したい• 尿意便意はないが、排尿コントロールにより排泄したい• 自力で靴の着脱ができるようにしたい• 排尿が間に合わないときがあるので、声かけや見守りをしてほしい• 自分で出来ることは、自分で行いたい• 介護者の負担なく入浴したい• 家事や買い物・散歩が毎日できる 車いす• 状態が急変した時も適切に対応してもらう体制を整備し、不安の無い生活を送る• 脳梗塞があるため継続して治療を受けたい• 環境整備をすることで安全に排泄できるようになりたい• 筋力の維持・向上が図れる• (回答者:能本守康). 家族が担う介護部分についても、誰が行うのかを明記する。 歩行が不安定なので転倒を予防したい• 長期目標を達成するために、段階的に達成できる短期目標を設定します。 自分で寝返りや起き上がりができるようになり、介護負担を減らしたい• 自力で移動ができるようになりたい• 自力で寝返りができるようにしたい• 栄養状態を改善させる• 確実に食事摂取ができるようになる• 自力で靴下の着脱ができるようになりたい• 状態が急変した時も適切に対応してもらう体制を整備し、不安のない生活を送る• 自助具を使いながら、なんとか自力で食事を摂りたい• 寄り添うコミュニケーション• 寝たきりの状態を少なくする• 家族のトイレへの移乗介助の負担を軽減する• なお、期間の設定においては「認定の有効期間」も考慮するものとする。 脳梗塞の後遺症で言語障害があるが、意思疎通ができるようになりたい• 下肢筋力をつけ見守りの中安全に歩けるようになる• 更衣動作の機能低下を予防したい• 生きる意欲に対するアプローチ・役割作り・ふれあいの場作り• 介護者が介護に自信がなく、介護疲れがある• 体力、足腰が弱くならないように運動をしたい• そこで、施設での終末期に向けた、ケアプランを作成します。

Next

介護で目標を持ってみよう!

中でも多いのが「苛立ち」であり、日常生活動作困難による苛立ち、死に対する不安や恐怖からくる苛立ち、処置や看護の不十分な展開による苛立ちなど、その要因はさまざまです。 安心して不安なく療養生活を送りたい• 毎日の生活の中でなにか、楽しみを見つけたい• 咀嚼機能の維持向上を図る• 身体をきれいにしてさっぱりしたい• ケアの目標を考えるときは次のような思考手順をふみます。 拘縮や筋力低下が起こらないようにしたい• 自力で耳掃除ができるようになりたい• 自力で入浴ができるようになりたい• 外出時、歩行が安全に行えるようにしたい• 「期間」は、「サービス内容」に掲げたサービスをどの程度の「期間」にわたり実施するかを記載する。 義歯が合っておらず食事中に痛みがある• 食欲はないが健康は維持したい• 介護するにあたって、他職種との連携を図ってターミナルケアを実施するための計画となります。 疾患があるので、きれいな空気の中で生活したい• 麻痺はあるが、安全に生活したい• 不安なく安心して生活できるようになる• 転倒しないで安定して歩くことができる• 定期的に入浴することで、患部の衛生状態を保つ• 栄養のバランスがとれた食事が摂れるようになる• 栄養バランスに気をつけた食事を摂取したい• 車いすへの移乗時に足の巻き込みを予防したい• 起居動作が出来るようになってトイレで排泄する• ベッドからの起き上がり動作が安全にできる•。 自力で浴槽内に入ることができる• 自力歩行が困難なため、往診してもらい病状管理をしてもらいたい• 主治医との連絡体制を確保し、安心して生活したい• 生活領域を拡大して、生きがいのある生活を送りたい• 自力で衣服の着脱ができるようになる• 体重減少を予防する• 病状観察・医療管理を受け、安心して暮らしたい• 心臓に負担がかからないようにする• また洗濯物たたみや食事の後片付けなど施設内での本人の役割をもってもらい、自尊心を回復してもらいたい。 介護負担を軽減させたい• 介護者の負担を軽減し日中に適切なケアを受け健康状態を維持したい• 糖尿病があるので、医学的な管理を受けて病状を安定させたい• 体に負担なく安全に立ち上がれるようになりたい• 外出の時、歩行が安全に行えるようになりたい• 玄関まで歩けるようになる• 以前のように友人と外出したい• 自分で健康管理し病状を安定させたい• 介護者の食事の負担を軽減させる• 物にぶつからずに歩行できるようになる• 糖尿病があり低血糖になるのが心配なので、安心して生活できる環境を作りたい• 移動・移乗の介護負担を軽減させたい• 少しでも自立した生活ができるように、リハビリテーションを行い運動機能の向上を図る• 心疾患があるので、病状観察・医療管理を受け、安心して暮らしたい• また、原則として開始時期と終了時期を記入することとし、終了時期が特定できない場合等にあっては、開始時期のみ記載する等として取り扱って差し支えないものとする。

Next

文言集2表短期目標

少しでも負担なくオムツ交換をしてもらいたい• 整容(髭剃り)が自分でできるようになりたい• 自力で通院できるようになる• さらに「時期」によっても違いますし、「場所」によっても違います。 意欲的に食事ができる様になり、栄養状態が維持される• 家族の立位保持介助の負担を軽減する• 皮膚の清潔を保もち、褥瘡を完治させる• 人と話をして生きがいのある生活をしたい• 歯の痛みがなくなり、美味しく食事をする• 糖尿病があるので、医学的な管理を受けて病状を安定させる• 自宅内で安全に移動(歩行)出来るようになりたい• そこでケアマネージャーは目標をこう設定しました。 主治医との連携をとりながら、適切な酸素療法を受け安心して生活する• 転倒の不安を無くして安全に安心して生活を送りたい• 拘縮や筋力低下が起こらないようにしたい• 自分で化粧をして外出したい• 車いすで安全に移動したい• 妻の介護力では入浴介助はできないので支援を受けて入浴したい• 医学管理を受け、安心して自宅での生活が続けられる様にしたい• 死を間近にして何を想い何を考えるのかは患者によってさまざまです。 拘縮があるので、痛みと負担無くオムツ交換をしてもらいたい• 高血圧なので、病状観察・医療管理を受け、安心して暮らしたい• 糖尿病のことを理解することができ、安心して生活できる• 心筋梗塞が悪化しないように、健康管理に気を付けて生活する• あとは家庭で死を迎えるにあたって必要なサービスを揃えます。 。 。 。

Next

看取りのケアプランってどうすれ ばいいの?文例は?注意点は?

。 。 。 。 。

Next

ケアプランの軽微な変更について|国分寺市

。 。 。 。 。 。

Next