フィット マイナーチェンジ。 スズキ・スイフトがマイナーチェンジ。ヤリス、フィットなどのライバルに対抗

マイナーチェンジしたフィットとライバル車の比較。各車の優劣は?

エアロ形状の前後バンパーやルーフエンドスポイラーが新デザインとなったハイブリッド車「HYBRID SZ」を用意するなど、5グレード展開に整理されています。 ライバルは国産サブコンパクトモデル全般だが、普通のハッチバックモデルでありながら前後席および荷室がバランスよく広いというユーティリティの高さ、走り、快適性、経済性のウェルバランスぶりでフィットを上回るモデルはそう多くない。 1を誇る。 3リッターモデルでは、インテリアカラーがブラックブルーとベージュの2色に増え、シート表皮の材質も新しくなった。 今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの欠点&デメリットは、なんだったのでしょうか? 新しくなったホンダの新型フィット3 FIT3 を試乗をして、気になった5つの欠点&デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。 合成出力137psを発生するハイブリッドパワートレインを搭載。 そんなホンダ フィットが2017年6月のマイナーチェンジで安全装備の強化を行います。

Next

新型フィット3の試乗の感想【マイナーチェンジで乗り心地が改善!?】

サスペンションのストロークやボディ重量を受け止めるアッパーマウントラバーの変形が素直になった。 2km/L(JC08モード)」という低燃費を実現している。 好評の室内空間の広さと使い勝手はそのままに、走りや快適性、そして外観の最新化など、その進化ぶりはとても大きく、ついに完成の域に達したと言っても過言ではないだろう。 5L 直噴 DOHC i-VTEC CVT FF 1,853,280円 4WD 2,015,280円 RS・Honda SENSING 6速MT FF 2,050,920円 CVT+パドルシフト ライバルたちは? フィットのライバルもマイナーチェンジしたり、グレード追加したりと商品力を高めています。 遮音材の改良などによって静粛性も改善された。 さらにオーディオシステムは、iPhoneやアンドロイドなどスマートフォンをUSBに接続すると、音楽再生やマップアプリケーションなどの操作がナビ画面や音声で行える「アップルカープレイ」、「アンドロイドオート」にも対応することで最新化が図られています。 ステアリングもしっかり操作感のある味付けで、高速でも正確なトレースを可能とする。

Next

ビッグマイナーチェンジしたフィット・ハイブリッドは駆動系も一新されていた!

障害物を検知すれば、音とディスプレイ表示で注意を促してくれるため、誰でも簡単に誤発進に気づくことが可能です。 なお、スイフトスポーツは以前から標準化されています。 単眼カメラで前方の状況を検知し、ロービームでは暗い状況であればハイビームに。 ロングドライブ時にはちょっと退屈に感じられるかもしれない。 ホンダセンシングを備えたことにより、1. サブコンパクトとはいえこれだけ大きな室内容積のあるクルマがリッター20kmも走れば十分と考えることもできるが、改良前ハイブリッドLパッケージに比べると2割前後のビハインド。 車間距離を車両が自動制御してアクセル/ブレーキペダルの操作を大幅に軽減するアダプティブクルーズコントロール、中・高速走行時に車線の中央を走れるように操舵を支援する車線維持支援システムも採用。 トヨタ ヴィッツハイブリッド 2017年1月12日に待望のハイブリッドグレードが追加された。

Next

2017年ホンダ・フィット、ビッグマイナーチェンジの進化がすごい!

燃費性能が向上 現行フィットのエンジンユニットは「ハイブリッド」「1. マイナーチェンジでのボディーサイズの変更は、あまりないようです。 今回私が特に気になったのは、収納スペースの少なさ。 5リッターのスポーティグレード「RS」は、はっきりと「走り」のキャラクターが打ち出された。 試乗車には新デザインのLEDヘッドランプが標準装備されていたが、その照射範囲が狭いのだ。 6 224万1000円 ハイブリッド・S ホンダセンシング FF 31. スイフトのエクステリア シルバー塗装の新意匠アルミホイールを採用(XG、HYBRID MGにアップグレードパッケージとしてメーカーオプション設定)。

Next

流行りのシャープ顔で格好良くなった新型フィット!走りや安全性能も大幅に進化

スロットルをわざとパカパカ開け閉めしたりすると若干のスナッチ(前後方向のガクガク)が発生することもあるが、MTや直結型ATでは普通にあるレベルで、気にするほどのものではなかった。 名前の変更が多くて覚えるのが大変ですが。 また、先代モデルはかなり足回りが硬かったので、人を選ぶ印象を持ちましたが、この新型モデルはしなやかになり、コンパクトカーらしく誰からも好まれる乗り心地になっているように感じました。 あとは、クルマに何を求めるかによってチョイスが分かれるところであろう。 」と、ガッカリする人もいたようです。

Next

ホンダ・フィットがマイナーチェンジ 【ニュース】

RSエンブレム• この窮屈感も新型フィット3 FIT3 の欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。 「バーニングレッドパールメタリック」「スピーディーブルーメタリック」に、新たにブラック2トーンルーフが設定されています。 さらに、リヤパーキングセンサーのほか、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロールが、MTとAGSをのぞいて全車に標準化されています。 さんもこのマイナーチェンジ後のモデルをどのようにアピールしていけば良いか少し大変そうだったのが印象的でした。 新しくなった新型フィット3公道を試乗して、驚いた事とは… 今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3 FIT3 は、静寂性や加速力など全体的に先代モデルよりも良くなっているのですが、実際に試乗をして驚いたのは、この新型モデルの乗り心地の良さ。 そんな スイフトがフィットよりも劣っているところは、後席と荷室です。 外装・内装に変更が入って質感の向上が行われるます。

Next

マイナーチェンジしたフィットとライバル車の比較。各車の優劣は?

フロントマスクには専用デザインのグリルとバンパーとし、大開口のフロントグリルにはオリジナルグラフィックのツヤ黒塗装メッシュを採用しています。 新型フィットはシャシーにおいても進化したが、それは走りの質感と快適さにあらわれていた。 ホンダセンシングとは、安心・快適機能を8つも搭載した先進の安全運転支援システムをいいます。 5L i-DCD/7DCT/1,815,480円 HYBRID・L Honda SENSING:1. これは、ライバル車である日産「ノート e-POWER」に並ぶ燃費となっている。 静粛性に関しては、車体用の制振材料であるメルシートの板厚を向上させ、ボディ各部の吸音・断熱材を厚くしたり、遮音ガラスなども採用されている。 ホンダとしてもリコールの山は作りたくないですよね。 標識の見落としを防ぐと共に安全運転のサポートをしてくれます。

Next

フィット3のマイナーチェンジ情報1|外観・外装の変更点を画像で紹介

アクアは、燃費が良く、走行安定性が高い• 走行性能や乗り心地、静粛性まで進化を遂げた! (画像)新型フィットRSの走行イメージ 新型フィットでは走行性能においても、ダンパー特性の最適化によって乗り心地が向上しているほか、ボディ剛性の強化やパーツ部材の追加・変更などによりステアリングの応答性とブレーキフィール(ハイブリッドのみ)も向上しているという。 2 205万0920円 FF(CVT) 21 ハイブリッド FF 37. 誤発進抑制機能 停車時や10キロ以下で走行中に、先行車や障害物をミリ波レーダーが感知している状態で、急アクセル操作をした場合は出力制御をします。 ただ、このアームレスト付きのセンターコンソールは、高さが低い…。 フィットは、燃料タンクを前席に下に搭載しているので、室内空間が広く、荷室の容量も大きいです。 シートは、1300cc車とハイブリッドは別デザインの表皮として、ハイブリッド・Lと15XLは部分合皮のコンビシートに。 さらに、新型フィットでは「プレミアムブラウン・インテリア」と呼ばれる、ブラウンとブラックの組み合わせが上質感を漂わせるインテリアパッケージがメーカーオプションとして用意されている。 前方に比べて後方の安全確保が手薄になっている。

Next