ロクアカ ss。 エレファント速報:SSまとめブログ

ロクでなし魔術講師と投影者(リメイク中につき凍結)

カルナの弱い点 配置が必要な2つの友情コンボ カルナはメインに超強毒拡散、サブに新友情のツインダンクレーザーELを持つ。 ルーシャスの思念体によると、外宇宙の邪神の1柱とされる風統べる女王《風神》の神官家の末裔であり、髪色と魔力がその証拠だという。 フェジテ防衛戦時にはアルベルトに観測手として抜擢され、狙撃部隊に配置された。 一見効率と数字を信奉する冷血漢のようだが仲間に対しては義理堅い。 はが手掛けている。

Next

ロクアカ/帝国の狙撃手《星》のアルベルト=フレイザーは冷徹にグレンの敵を撃ち、リィエルの援護をしてきた|とりもげ.com

「タウムの天文神殿」などに関する優れた論文を残しているが、考古学に執着しなければ魔術師としてより優れた功績を残せただろうと惜しまれている。 これによって第二位:主天使の位にある 《断罪の天使》アトスを常時我が身に降ろしており、長時間の祈りで自己暗示をかけることで、炎に燃える大鎌と霊的に超強化された肉体を武器に、三対六翼の絶大な推進力で高速移動する。 高度な魔力操作が必要とされる無属性系攻性魔術も苦手で、狂霊などの存在とは特に相性が悪い。 魔術祭典が開催された際には、潜入調査でアーチボルトによる教皇暗殺を察知しイグナイト卿に報告、アーチボルト配下の暗殺者の始末を命じられるが、待ち構えていたジャティスに一蹴されて命乞いをする羽目になり、「グレンほどじゃないが面白い」と見逃され、信じて突き進めば願いは叶うと激励までされるという屈辱を味わう。 実際のところは組織の言いなりになるのが正しいのかで苦悩しており、境遇的にはグレンと似通っている。 魔術祭典では砂漠の国ハラサ代表のメイン・ウィザードとして参加。 苺タルトが好物で野菜が苦手。

Next

アルベルト=フレイザー (あるべるとふれいざー)とは【ピクシブ百科事典】

行ってみるといい」 セイバー「そうですか。 まんまと目的を達した後はグレンを侮辱したイヴを殺害しようとしたが、アルベルト等が救援に現れたため撤退を選ぶ。 グレンが担任になってからの半年間で成長し、魔術祭典の代表候補に選ばれるまでになった。 ややトラブルメーカー。 経歴の低さからグレンのことを毛嫌いしているが、当のグレンには「ハーなんとか先輩」など適当な名前で呼ばれ相手にされていない。

Next

エレファント速報:SSまとめブログ

アリシア三世 およそ400年前に在位していた第13代女王。 主要人物 [ ] グレン=レーダス - 、(幼少期) 本作の主人公。 そしてグレンとシスティーナがル=キルを倒したことで時空の歪みが正され命を拾ったが、なぜ竜頭が失われたのか理解できないまま完全に力を失った。 ミゲール=ブラッカー 帝国軍の《千騎長》。 ) 「見てみたくなったんだよ。 セリカにはヒロインにはならない彼女たち特有の「 歳の差から生まれる主人公との距離感」がありません。

Next

ロクアカのグレンの過去を調べるとネタバレが満載だった!!

「 このジャケットの1シーンはどういう状況?この主人公はベッドでかなりくつろいでいるけども。 若くして第五階梯に至った天才魔術師。 何と言ってもセリカが母親ですもんね。 最小限の魔力で最大限の効果を生む方法を突き詰め、C級軍用攻性呪文の軽さと魔力消費でB級の物理作用力をもたらす 「収束起動」という超技巧を編み出している。 事件後はリィエルに対しを抱くようになり、いつか彼女と肩を並べられるような剣士になるため鍛錬に励むようになる。 カッシュとは正反対な性格で、彼に苦言を呈したり皮肉ったりすることが多いが、いがみ合うほど険悪でもない奇妙な間柄。

Next

ロクアカ・クロニクル《リメイク版》

『魔曲』で洗脳した学生を囮に楽団の指揮者としてイヴの目をかいくぐって会場に潜入し、彼女を含めた舞踏会参加者のほとんどを傀儡と化す。 グレンの育ての親で魔術の師匠。 AMPと、世界最高峰の魔術学院で講師をするにはあまりにも数値が低い。 このため男子からの人気も高く、学院には男子生徒で結成されたファンクラブが存在する。 黒髪黒眼の女性。

Next

ロクアカ/帝国の狙撃手《星》のアルベルト=フレイザーは冷徹にグレンの敵を撃ち、リィエルの援護をしてきた|とりもげ.com

シリーズ累計は2020年1月時点で300万部。 娘の命が狙われたとして、特務分室に護衛を依頼した。 魔法科と類似していますが、デバイスを駆使したとんでも魔法や核兵器並みの強さを誇る主人公ではありません。 カイ=ファニス、ロッド=リブリー 声 - (カイ)、(ロッド) 魔術競技祭で「飛行競技」に出場、ペース配分の練習を重点的に行ったのが功を奏し3位に入賞した。 加えてグレンがフィーベル家を通じてクライトス家に働きかけたことによって祖父の呪縛からも解放され、アルザーノ帝国魔術学院への長期留学が決定する。 しかし、相手が格上であっても気合いでどうにかしてしまうため、特務分室のエースとして重用されている。

Next